Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に新手口、OneNote形式を悪用 - 拡張子「.one」に警戒を

マルウェア「Emotet」において、「OneNoteファイル」を悪用するあらたな手口が確認された。関係者から送付されたように見えるファイルであっても、引き続き警戒するようセキュリティ機関が呼びかけている。

3月に入り「Emotet」の感染活動がふたたび観測されているが、JPCERTコーディネーションセンターによれば、マイクロソフトのデジタルコンテンツ管理アプリ「Microsoft OneNote」で使用する「OneNoteファイル」を悪用し、感染を広げる攻撃があらたに確認されたという。

「OneNoteファイル」の拡張子は「.one」。今回確認された攻撃では受信者がファイルを開くと、ドキュメントに制限がかけられているなどとし、ボタンをダブルクリックするよう促すアラート画面のような画像が表示されるが、ボタンの背後にスクリプトが配置されており、誤って指示に従ってしまうと「Emotet」に感染するおそれがある。

メールでは一見業務と関係あるかのように装っており、同センターでは取引先や知人など関係者から送付されたように見える場合も注意するようあらためて呼びかけた。信頼できると判断されるもの以外は安易に添付ファイルやリンクを開かず、確実な手段を用いて送信元へ確認するよう求めている。

20230316_jp_001.jpg
ボタンの背後にスクリプトがしかけられており、「Emotet」に感染するおそれがある(画像:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2023/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用