Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に

Zyxel Communicationsが提供する複数のNAS製品にリモートより任意のコマンドの実行が可能となるゼロデイ脆弱性が明らかとなった。すでに悪用コードが出回っており、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同社NAS製品に用意されたウェブ管理画面のログインページ「weblogin.cgi」にOSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2020-9054」が明らかとなったもの。ファームウェアが「バージョン5.21」および以前のバージョンが影響を受ける。

細工したリクエストを送信することでウェブサーバの権限を取得、さらに同機器内にあるユーティリティを利用することでroot権限による任意のコマンドが実行できるという。

脆弱性は、リモートより容易に悪用することが可能で、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のスコアは「9.8」とレーティングされている。すでに悪用コードも出回っており、Zyxelでは、2月24日にアップデートを公開した。

(Security NEXT - 2020/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ