Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゴールデンウィークに向けてセキュリティ体制の再確認を

まもなくゴールデンウィークを迎える。最大9連休と長期にわたるケースもあり、例年同様、セキュリティ機関なども注意喚起を開始した。特に春は異動も多い時期。連絡体制の確認やルールの周知徹底などもあらためて行なっておきたい。

システム管理者やセキュリティ担当者が不在となりがちな長期休暇は、インシデントの認知や対応が後手にまわりがちだ。実際にランサムウェアなど、従業員が少ない週末などを狙い、攻撃を展開するケースが確認されている。

サーバやネットワーク機器などを中心とした脆弱性の対応状況など、あらためて基本的なセキュリティ対策に抜け漏れがないか確認し、利用しない機器は電源を落とすなど、対策を講じておきたい。

春は新入社員や異動なども多い時期。個人情報や機密情報の持ち出しルールをあらためて周知徹底し、インシデント発生時などの緊急連絡体制についてもサプライチェーンを含めて、最新の状態となっているか確認しておく必要がある。

ランサムウェアによる被害も引き続き発生している。データの破壊に備えたオフラインのバックアップはもちろん、サービスの停止、情報流出などが生じた場合もスムーズに対応できるよう対応計画を関係者間で共有しておくと安心だ。

(Security NEXT - 2023/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消