Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を

まもなく年末年始の長期休暇を迎える時期だが、ここに来て「Emotet」の活発な感染活動が確認された。JPCERTコーディネーションセンターでは、同マルウェアを含め、時期に関係なくマルウェア全般の感染活動にあらためて注意するよう呼びかけている。

「Emotet」は2月ごろ活動を停止。7月より活動を再開して国内でも感染被害が発生した。その後2020年10月末ごろより活動の沈静化も見られたが、12月21日に感染の拡大を狙ったメールがふたたび展開されていることを同センターで確認したという。

被害の拡大やそれにともなう注意喚起によって、「Emotet」が大きく取り上げられることも多いが、同センターはメール経由で感染を広げるマルウェアは「Emotet」に限らず、多数存在しており、2020年は「IcedID」「Zloader」などの活動も見られたと指摘。

くわえて一次感染したマルウェアがダウンローダとして「ランサムウェア」「不正送金マルウェア」「リモートアクセスツール(RAT)」など別のマルウェアの多重感染を引き起こす可能性もあるとしてあらためて警鐘を鳴らしている。

20201222_jp_001.jpg
メール経由のマルウェア感染イメージ(図:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2020/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも