Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明

通信販売サイト「Fostex e-shop」を利用した顧客に関する個人情報が、外部へ流出した可能性がある問題で、フォスター電機は調査結果を明らかにした。

同サイトが利用している全研本社のECサイト構築システムが不正アクセスを受け、顧客情報が外部へ流出した可能性があることが9月11日に判明。

翌12日に全研より報告を受けて問題を把握したフォスター電機では、同月14日に事態を公表。全研では同サイトを一時停止して調査を進めていた。

実施した調査では、今回の不正アクセスで顧客21人分の電話番号、メールアドレス、パスワードが流出していることを確認したという。

(Security NEXT - 2017/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生