Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か

コンサルティングファームの髙野総合グループがランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けた問題で、同社は調査の途中経過を明らかにした。委託業者が通信機器の設定を誤り、侵害を受けた可能性が高いという。

髙野総合会計事務所、髙野総合コンサルティング、TSKの3社においてデータを管理するサーバのファイルをランサムウェアによって暗号化される被害が発生したもの。6月4日にサーバよりアラートが発行され、6月6日夜にランサムウェアによる被害を確認。事態を公表するとともに外部協力のもと調査を進めている。

同グループによれば、5月26日にネットワーク機器の更新作業を実施したが、その際に委託業者が通信機器の設定を誤り、サーバに不正アクセスできる状態が発生していたという。

同機器を通じて6月4日に海外より複数サーバが侵害され、マルウェア対策ソフトをはじめとするセキュリティ対策を無効化した上でランサムウェアを実行された可能性が高いと見ている。

サーバの保管している一部ファイルがランサムウェアにより暗号化され、暗号化されたファイルには顧客から受託を受けていたデータも含まれており、氏名や住所、電話番号など個人情報も保存されていた。

(Security NEXT - 2024/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市