Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashの最新版、脆弱性36件に対処 - ゼロデイ脆弱性「CVE-2015-5119」も修正

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性を解消した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート「APSB15-16」を提供開始した。伊Hacking Teamの攻撃ツールで使用されていることが判明したゼロデイ脆弱性についても解消している。

20150709_as_001.jpg
Flash Playerの36件におよぶ脆弱性を対処

同アップデートでは、伊Hacking Teamが政府機関向け内偵ツールで利用していたと見られるゼロデイ脆弱性「CVE-2015-5119」をはじめ、36件の脆弱性に対処した。すべてのプラットフォームが影響を受ける。

メモリ破壊やバッファオーバーフロー、解放済みメモリを使用する「use-after-free」の脆弱性などを修正。脆弱性が攻撃を受けると、システムの制御を奪われるおそれがある。

同社は「Windows」および「Mac OS X」向けに脆弱性を解消した「同18.0.0.203」を公開。最新版を利用できないユーザーに対して「同13.0.0.302」、「Linux」向けに「同11.2.202.481」を用意している。

また「Chrome」や「Internet Explorer」などブラウザ同梱版についても、各ソフトのアップデート経由で「同18.0.0.203」を提供。「Adobe AIR」や「同SDK」に関しては「同18.0.0.180」をリリースした。

(Security NEXT - 2015/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
Adobe、「InDesign」など複数製品に深刻な脆弱性
複数の深刻な脆弱性へ対処した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート
「VMware vCenter Server」にDoS攻撃が可能となる脆弱性など判明
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を
MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も