Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も

Kasperskyは、2022年第2四半期のグローバルにおけるエクスプロイトの検出動向を取りまとめた。

エクスプロイトの攻撃対象となったアプリケーションの割合を見ると、「Office」が前四半期から4ポイント増となる82.5%で突出している。

「ブラウザ関連(4.8%)」「Android(3.6%)」「PDF(3.5%)」と続く。また2020年にサポートが終了した「Adobe Flash」も2.8%あった。

エクスプロイトを検知したデバイス数を見ると、Officeの数式エディタに明らかとなった脆弱性「CVE-2018-0802」がもっとも多く34万5827台。「CVE-2017-11882」が14万623台で続いた。いずれも第1四半期を2%から5%ほど増加している。また「CVE-2017-0199」に関しては、前四半期から59.2%増となり、6万132台だった。

一方、高い増加率が見られたのが「Internet Explorer(IE)」に関する脆弱性「CVE-2021-40444」を悪用するエクスプロイト。4886台とボリューム自体は小さいものの、前四半期の約8倍に増加している。

研究開発、エネルギー、大規模産業分野、金融および医療の技術開発分野、通信とIT分野の組織に対する攻撃で悪用されていた。

(Security NEXT - 2022/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性