Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

またもやFlashにゼロデイ脆弱性 - 2週連続となる更新を公開予定

Adobe Systemsは、7月13日の週に「Adobe Flash Player」セキュリティアップデートを公開し、2件の深刻なゼロデイ脆弱性を7月12日の週に修正する方針であることを明らかにした。

20150713_as_001.jpg
アップデートの公開予告を行ったAdobe Systems

問題の脆弱性は、FireEyeより報告を受けた「CVE-2015-5122」と、Trend Microにより報告された
「CVE-2015-5123」の2件。悪用されるとシステムの制御を奪われるおそれがある。脆弱性の緊急度は、4段階中もっとも高い「クリティカル」。

脆弱性は、「同18.0.0.204」に含まれ、以前のバージョンにも存在する。「Windows」「Mac OS X」「Linux」いずれも影響を受ける。

同社では、これら脆弱性に対し、米国時間7月12日の週に脆弱性を修正する予定。先週7月8日にもセキュリティアップデート「同18.0.0.203」をリリースしたばかりで、2週連続のリリースとなる見込み。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
macOS向けに「.NET Framework」を用いた攻撃 - 「Gatekeeper」を回避
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Flash Player」がアップデート - セキュリティ修正含まず
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか