Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2Qのインシデント件数、前四半期比6%減 - 「スキャン」半減

JPCERTコーディネーションセンターは、2023年第2四半期に報告を受けたインシデントの状況について取りまとめた。すでにサポートが終了している「Adobe Flash Player」のアップグレードを装った偽警告が表示されるようウェブサイトを改ざんされたケースなども報告されている。

同センターによれば、同四半期に寄せられたインシデントの報告は2万6908件。1万1720件だった前四半期の約2.3倍に増加している。ただし、重複を除いたインシデント件数は7925件で、前四半期の8459件から約6%減少した。関係者などへ対応を依頼した調整件数は4604件だった。

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が6186件でインシデント全体の78%を占める。前四半期の5553件からは11%増となった。国内ブランドを装うケースが60%、海外ブランドが25%だった。15%はブランド不明となっている。

一方、脆弱性の探索や侵入、感染の試行などを検知した「スキャン」は998件。前四半期の2059件から半減した。

「ウェブサイト改ざん」は311件で、前四半期の362件から14%減。サイトを閲覧すると「Adobe Flash Player」のアップグレードを求める偽警告が表示されるよう改ざんされたケースなども確認されている。

(Security NEXT - 2023/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開