Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加

フィッシング攻撃に関する報告は、8月以降、減少傾向が見られるものの依然として多数寄せられており、10月は過去3番目に多い件数となった。一方でフィッシングに用いられたURLは前月から増加し、7418件が確認されている。

フィッシング対策協議会が、10月におけるフィッシング攻撃の状況を取りまとめたもの。同月に寄せられたフィッシングの報告は4万8740件。前月の4万9953件から1213件減少したものの、過去3番目に多い件数となっている。1日あたりに換算すると約1572.3件。前月の約1665.1件から減少した。

重複を除いた誘導先となるフィッシングサイトのURLは7418件。前月の6636件から782件増となった。1日あたり239.3件となる。8月に過去最多となる9024件を記録するも9月は一転6000件台に減少。しかしながら10月は再び増加の兆しを見せた。

悪用されたブランドは、前月の76件から1件増加して77件。内訳を見ると、クレジットや信販関連が20件、ISPやホスティング事業者が13件、都市銀行やネット銀行など金融関連は6件だった。

20211105_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向