Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」

行政機関より公共事業を広く受託しているランドブレインにおいて、ランサムウェアの感染被害が発生した問題で、同社は調査結果を明らかにした。機密性が低い一部ファイルを閲覧されたが、それ以外でファイルが外部に送信された痕跡などは見つからなかったという。

同社において2月23日未明に東京本社のサーバがランサムウェアに感染し、攻撃者によってサーバのデータが意図せず暗号化されたもの。外部にデータが流出した可能性もあるとして事態を公表し、外部セキュリティ事業者の協力のもと、調査を進めていた。

同社に業務を委託していた政府機関自治体なども、流出の可能性についてアナウンスを行っている

同社によると、今回の不正アクセスでは、同社東京本社にある認証サーバやファイルサーバ、バックアップサーバなど、複数台のサーバで被害が発生。攻撃に用いられたランサムウェアの検体を抽出し、調べたところ「Crypt3r」「Ghost」「Phantom」「Vjiszy1lo」といった別名でも知られる「Cring」であることが判明した。

被害が生じたサーバの内部には、政府機関や地方自治体などより受託したデータを保存。同社では具体的な件数について明らかにしていないが、対象となる行政機関は200以上にのぼると見られる。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明
業務関連データがランサム暗号化、外部流出か - オリコンサル
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬