Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」

行政機関より公共事業を広く受託しているランドブレインにおいて、ランサムウェアの感染被害が発生した問題で、同社は調査結果を明らかにした。機密性が低い一部ファイルを閲覧されたが、それ以外でファイルが外部に送信された痕跡などは見つからなかったという。

同社において2月23日未明に東京本社のサーバがランサムウェアに感染し、攻撃者によってサーバのデータが意図せず暗号化されたもの。外部にデータが流出した可能性もあるとして事態を公表し、外部セキュリティ事業者の協力のもと、調査を進めていた。

同社に業務を委託していた政府機関自治体なども、流出の可能性についてアナウンスを行っている

同社によると、今回の不正アクセスでは、同社東京本社にある認証サーバやファイルサーバ、バックアップサーバなど、複数台のサーバで被害が発生。攻撃に用いられたランサムウェアの検体を抽出し、調べたところ「Crypt3r」「Ghost」「Phantom」「Vjiszy1lo」といった別名でも知られる「Cring」であることが判明した。

被害が生じたサーバの内部には、政府機関や地方自治体などより受託したデータを保存。同社では具体的な件数について明らかにしていないが、対象となる行政機関は200以上にのぼると見られる。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響