Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性

公共事業を多数受託するランドブレインにおいてランサムウェアの感染が発生した問題で、総務省の複数委託事業でも個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同社では、2月23日に本社のサーバがランサムウェアへ感染。情報流出の可能性も判明し、同社より報告を受けた複数自治体が事態を公表するなど対応に追われているが、同省においても委託する3事業において情報流出の可能性が判明した。

同省では、2月25日に地域運営組織の調査研究事業や消防庁の災害対応訓練に関するあわせて21人分の個人情報が流出した可能性があるとの報告を受けていたが、4月に入り、あらたに6724人分の個人情報が対象となることが判明した。

これらをあわせると、3事業で6745人分の個人情報が流出した可能性がある。いずれも自治体の担当者や行政職員に関する情報としている。

具体的に見ると、地域運営組織の形成や持続的な運営に関する調査研究事業では、調査対象の地域運営組織や市区町村の担当者6079人分の氏名、電話番号、メールアドレスのほか、研修会の運営に関わる行政職員201人分の氏名、電話番号、メールアドレス、および研究会委員9人分の氏名、住所、口座情報などが対象だという。

(Security NEXT - 2021/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ