Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック

同社の被害に関連し、ランサムウェア「DarkSide」を用いる攻撃グループが、ダークウェブ上で犯行声明を掲載したが、同社でも情報を把握しており、同グループが関与したと見ている。

ランサムウェアの攻撃によって、攻撃グループより金銭の要求を受けているが、「要求に応じることはなく、コンタクトを取ることもしない(同社広報)」としている。

ランサムウェアによって暗号化されたデータについては、バックアップより順次復旧を進めており、完全復旧には至っていないものの、5月10日からは通常業務に戻っているという。

また被害判明後、早急にサーバの遮断など実施。被害は今回判明した5拠点にとどまるとし、日本も含め、欧州5拠点以外の関連会社における影響については否定した。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
エスビー食品子会社でランサムウェア被害 - 生産供給に影響なし
自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害
PCR検査のデータ管理システムがランサム被害 - 愛知県