Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック

同社の被害に関連し、ランサムウェア「DarkSide」を用いる攻撃グループが、ダークウェブ上で犯行声明を掲載したが、同社でも情報を把握しており、同グループが関与したと見ている。

ランサムウェアの攻撃によって、攻撃グループより金銭の要求を受けているが、「要求に応じることはなく、コンタクトを取ることもしない(同社広報)」としている。

ランサムウェアによって暗号化されたデータについては、バックアップより順次復旧を進めており、完全復旧には至っていないものの、5月10日からは通常業務に戻っているという。

また被害判明後、早急にサーバの遮断など実施。被害は今回判明した5拠点にとどまるとし、日本も含め、欧州5拠点以外の関連会社における影響については否定した。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー