Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック

東芝テックは、欧州4カ国にある5拠点において、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。データを窃取された可能性があるとして調査を進めている。

同社によれば、フランスにおいて複合機やトナーを扱う子会社2社や、POSシステムを販売するベルギー、ドイツ、オランダの関連子会社のあわせて5社が、現地時間5月4日深夜にサイバー攻撃を受けたという。

各社でランサムウェアによりシステムで障害が発生。身代金を要求する脅迫文がメールで届いた。同社は外部セキュリティ事業者の協力のもと、被害が生じた原因やデータ流出の範囲など被害状況や原因など詳細について調査を進めている。

今回5拠点でランサムウェアの被害が確認されたが、共通のシステムが被害に遭ったわけではなく、各社の異なるシステムで数時間という短期間に集中して攻撃が行われたという。子会社間でマルウェアの感染活動が横展開された可能性も含めて調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
海外子会社がランサム被害、休日返上100人体制で復旧 - 加賀電子
ランサムウェアによるサイバー攻撃で被害 - ボランティア団体
東海国立大学機構がランサム被害 - ログに総当り攻撃の痕跡
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD