Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック

東芝テックは、欧州4カ国にある5拠点において、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。データを窃取された可能性があるとして調査を進めている。

同社によれば、フランスにおいて複合機やトナーを扱う子会社2社や、POSシステムを販売するベルギー、ドイツ、オランダの関連子会社のあわせて5社が、現地時間5月4日深夜にサイバー攻撃を受けたという。

各社でランサムウェアによりシステムで障害が発生。身代金を要求する脅迫文がメールで届いた。同社は外部セキュリティ事業者の協力のもと、被害が生じた原因やデータ流出の範囲など被害状況や原因など詳細について調査を進めている。

今回5拠点でランサムウェアの被害が確認されたが、共通のシステムが被害に遭ったわけではなく、各社の異なるシステムで数時間という短期間に集中して攻撃が行われたという。子会社間でマルウェアの感染活動が横展開された可能性も含めて調査を進めている。

(Security NEXT - 2021/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
欧州グループ会社にサイバー攻撃 - ダイハツディーゼル