Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マルウェア除去ツールの配布」装うメールに注意 - 指示に従うとマルウェア感染

正規のACTIVEによる活動(図:ACTIVE)
正規のACTIVEによる活動(図:ACTIVE)

今回の攻撃は、総務省がISPやセキュリティベンダーと協力し、推進するマルウェア対策活動「ACTIVE (Advanced Cyber Threats response InitiatiVE)」に便乗したものと見られる。同活動には、ICT-ISACも参加している。

同事業では、ISPより感染端末利用者に向けて注意喚起のメールを送信。対策サイトのURLを紹介し、セキュリティ対策ソフトによる駆除を呼びかけている。

また「ACTIVE」の前身となった総務省と経済産業省が展開したサイバークリーンセンター(CCC)事業においても、マルウェア感染者に警告を発し、独自の駆除ツール「CCCクリーナー」を提供していた。

また今回のケース以外にも、「マルウェアに感染した」などと不安を煽るケースは少なくない。マルウェアに感染したなどと、ブラウザのポップアップ画面で表示する詐欺も発生している

指定した電話番号へ電話をかけさせ、遠隔操作ツールをインストールさせたり、サポート料金などとして金銭を要求するもので、情報処理推進機構(IPA)への相談件数も増加傾向にある

(Security NEXT - 2016/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論