Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CCCクリーナー」の提供を終了 - サイバークリーンセンター

ボット対策を推進するサイバークリーンセンターは、「CCCクリーナー」の提供を終了した。

従来はトレンドマイクロが開発した「CCCクリーナー」を駆除ツールとして提供していたが、提供を終了してKaspersky Labのソフトウェア「Kaspersky Virus Removal Tool」を紹介する方法へ変更した。

同ツールは、「Windows XP SP3」以降で利用でき、従来対応していなかった「Windows 7」でも利用することができる。

同センターでは、「ボットの駆除対策手順」のページもリニューアルし、引き続きインターネット利用者へウイルス対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算