Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マルウェア除去ツールの配布」装うメールに注意 - 指示に従うとマルウェア感染

公的機関を装って、端末がマルウェアに感染しているなどと不安を煽り、「マルウェア除去ツールの配布」とだまして、マルウェアへ感染させる攻撃が発生している。関連機関が注意を呼びかけている。

注意喚起を行った総務省
注意喚起を行った総務省

問題のメールは、サイバーセキュリティに関する情報を収集、分析し、情報共有を行う業界団体「ICT-ISAC」になりすまし、送信されているもの。

メールでは件名を、「【重要】総務省共同プロジェクト インターネットバンキングに係るマルウェアへの感染者に対する注意喚起及び除去ツールの配布について」などとしており、政府が関連したマルウェア対策の推進活動であるかのように装っていた。

メールの本文では、受信者の環境でマルウェアの感染が確認されたなどと説明。指示に従ってマルウェア除去ツールをダウンロードし、除去作業を行うよう促すが、実際はメールの指示に従うことでマルウェアに感染するという。

ICT-ISACでは、同団体がマルウェアに感染した端末の所有者に直接連絡を取ることはないと説明。今回の問題を受け、総務省とICT-ISACは、類似したメールを含め、同様のメールを受信した場合も、指示に従わずに破棄するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減