Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件

ウェブサイトの閲覧中に、セキュリティ上の問題が発生したかのように見せかけ、電話をかけさせる詐欺行為が多発している。

20160929_ip_001.jpg
偽警告画面のイメージ(画像:IPA)

実際にはマルウェアへ感染していないにもかかわらず、警告音やブラウザのポップアップによる警告画面などを用いてマルウェア感染しているように見せかける不正行為が発生しているもの。

ポップアップ画面には、「サポートサービス」や「カスタマーセンター」などに見せかけて電話番号を掲載。誤って電話をかけ、指示に従うと、端末に遠隔操作用のソフトウェアなどをインストールさせられ、端末を乗っ取られる可能性がある。また偽セキュリティ対策ソフトを買わされたり、サポートなどとして不正な請求を受けるおそれもある。

相談を受けている情報処理推進機構(IPA)によれば、こうした手口による相談が、8月だけで200件に及んでいるという。

同機構では、実際に偽警告画面に表示された電話番号8件を公開。あわせて問題が生じた際の対応について調べることができる「セルフチェック診断チャート」を公開。注意を呼びかけている。

IPAが公表した電話番号は以下のとおり。

03-4510-2310
03-4588-1468
03-4510-2484
03-4588-1340
03-4588-1412
050-5846-8249
050-5865-4046
050-5865-4085

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知