Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件

ウェブサイトの閲覧中に、セキュリティ上の問題が発生したかのように見せかけ、電話をかけさせる詐欺行為が多発している。

20160929_ip_001.jpg
偽警告画面のイメージ(画像:IPA)

実際にはマルウェアへ感染していないにもかかわらず、警告音やブラウザのポップアップによる警告画面などを用いてマルウェア感染しているように見せかける不正行為が発生しているもの。

ポップアップ画面には、「サポートサービス」や「カスタマーセンター」などに見せかけて電話番号を掲載。誤って電話をかけ、指示に従うと、端末に遠隔操作用のソフトウェアなどをインストールさせられ、端末を乗っ取られる可能性がある。また偽セキュリティ対策ソフトを買わされたり、サポートなどとして不正な請求を受けるおそれもある。

相談を受けている情報処理推進機構(IPA)によれば、こうした手口による相談が、8月だけで200件に及んでいるという。

同機構では、実際に偽警告画面に表示された電話番号8件を公開。あわせて問題が生じた際の対応について調べることができる「セルフチェック診断チャート」を公開。注意を呼びかけている。

IPAが公表した電話番号は以下のとおり。

03-4510-2310
03-4588-1468
03-4510-2484
03-4588-1340
03-4588-1412
050-5846-8249
050-5865-4046
050-5865-4085

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる