Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月に修正された「CVE-2015-5560」もEKの攻撃対象に

8月にAdobe Systemsが公開した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートにより修正された脆弱性が、早くもエクスプロイトキットによって悪用されている。

エクスプロイトキットの「Angler」に、「CVE-2015-5560」に対する攻撃機能が追加されていたもので、フランスのセキュリティ研究者が報告した。同脆弱性は、8月12日に公開された「APSB15-19」で修正されたが、早くも8月下旬より攻撃対象となっているという。

また「Angler EK」は、8月初旬よりIEの脆弱性「CVE-2015-2419」を悪用していることが明らかとなっているが、今回の攻撃にも用いられていた。

同脆弱性は、「Jscript9」においてメモリ破壊が生じる脆弱性。マイクロソフトでは7月に公開した月例パッチ「MS15-065」で修正している。

今回明らかとなった攻撃以外も、「Angler EK」は活発に「Adobe Flash Player」の脆弱性を悪用している。3月に修正された「CVE-2015-0336」や5月に公開された「CVE-2015-3090」などに関しても、2週間弱で攻撃を開始している。

イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamから流出した脆弱性に関しては、「CVE-2015-5119」「CVE-2015-5122」など、修正プログラムの公開前にゼロデイ攻撃を展開。POSを対象としたあらたな攻撃も、セキュリティベンダーにより確認されるなど、攻撃対象も拡大している。

(Security NEXT - 2015/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Siemensの「Nucleus RTOS」に13件の脆弱性が判明
Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
複数脆弱性を修正した「Chrome 91.0.4472.164」が公開 - すでに悪用コードも
JPCERT/CC、ゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」に注意喚起 - 詳細解説や実証コードが流通