Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月に修正された「CVE-2015-5560」もEKの攻撃対象に

8月にAdobe Systemsが公開した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートにより修正された脆弱性が、早くもエクスプロイトキットによって悪用されている。

エクスプロイトキットの「Angler」に、「CVE-2015-5560」に対する攻撃機能が追加されていたもので、フランスのセキュリティ研究者が報告した。同脆弱性は、8月12日に公開された「APSB15-19」で修正されたが、早くも8月下旬より攻撃対象となっているという。

また「Angler EK」は、8月初旬よりIEの脆弱性「CVE-2015-2419」を悪用していることが明らかとなっているが、今回の攻撃にも用いられていた。

同脆弱性は、「Jscript9」においてメモリ破壊が生じる脆弱性。マイクロソフトでは7月に公開した月例パッチ「MS15-065」で修正している。

今回明らかとなった攻撃以外も、「Angler EK」は活発に「Adobe Flash Player」の脆弱性を悪用している。3月に修正された「CVE-2015-0336」や5月に公開された「CVE-2015-3090」などに関しても、2週間弱で攻撃を開始している。

イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamから流出した脆弱性に関しては、「CVE-2015-5119」「CVE-2015-5122」など、修正プログラムの公開前にゼロデイ攻撃を展開。POSを対象としたあらたな攻撃も、セキュリティベンダーにより確認されるなど、攻撃対象も拡大している。

(Security NEXT - 2015/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を