Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【インタビュー】法人製品へ注力するESET、日本からの要望へ積極的に対応

「ヒューリスティック」技術を強みにセキュリティ対策ソフトを展開するスロバキアのESET。登場当時はコンシューマー向け製品の印象が強かったが、最近では法人製品に力を入れている。今回、同社のアジアパシフィック地域でCOOを務めるLukas raska氏とセールスディレクターを務めるParvinder walia氏が来日したので話を伺った。


Parvinder walia氏
Parvinder walia氏

■Security NEXT:アジア地域におけるESETの状況は?

ESET:以前はヨーロッパと北米が中心に展開してきた。最近では、アジア太平洋地域における注目も高まり、知名度も上がってきた。最初はセキュリティに詳しいいわゆる「オタク」に人気が高かったが、チャンネルが拡大し、利用者も増えている。この地域でのビジネス展開も強化しており、組織変更により人員を追加している。

■日本市場をどのように捉えているか?

ESET:特に日本は重要な市場だ。ESETは、現地法人を置かずにディストリビューターを通じて製品を展開するスタイルだが、アジア太平洋地域はもちろん、世界的に見ても日本のディストリビューターであるキヤノンITソリューションズ(CITS)は、最大のパートナーであり、ともにビジネスを展開している。

■日本市場から見ると、ESETはエンドポイント向け製品のイメージが強いが?

たしかにESETは、エンドポイントが主力製品だが、幅広いポートフォリオを持っており、コンシューマーからエンタープライズ、モバイルなど広く展開している。

(Security NEXT - 2014/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退