Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達

同ランサムウェアの問題を受け、米国土安全保障省と米国家サイバーセキュリティ通信統合センター(NCCIC)、FBIでは、被害の予防や影響の低減をはかるため、4種類の「SamSam」亜種に関するIOC情報を公開した。

同グループの手法としては、エクスプロイトキット「JexBoss」を利用。「JBossアプリケーションサーバ」の脆弱性を狙うほか、「リモートデスクトッププロトコル(RDP)」におけるブルートフォース攻撃などを展開している。

また「SamSam」による攻撃を展開する前に、RDPの資格情報をダークネット上のブラックマーケットより調達するケースもあった。調達後数時間で攻撃が展開されたことがアクセスログから判明したという。被害者のネットワークにも、資格情報などが窃取された形跡が見られた。

米国土安全保障省では、攻撃に用いられた4種類の亜種を解析し、詳細情報を公開。「STIXファイル」でも提供しており、同ランサムウェアによる被害の予防などに活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化