Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒

「Apache Struts 2」にリモートより悪用可能な脆弱性「CVE-2018-11776」が見つかった問題で、すでに実証コードが公開され、事前準備と見られる動きなども報告されているが、実際に脆弱性を狙った攻撃が確認された。

Volexityによると、脆弱性の実証コード(PoC)の公開後より、センサーを用いて攻撃活動を観測していたところ、PoCを悪用したと見られる攻撃者を少なくとも1件捕捉したという。

攻撃者は、ロシアとフランスのIPアドレスを発信元とし、脆弱性の探索活動を展開。さらに脆弱性を悪用し、仮想通貨を発掘するいわゆる「コインマイナー」を攻撃対象のサーバで実行しようとしていた。

具体的には、脆弱性を用いてコインマイナーである「CNRig」とシェルプログラムをインターネット上からダウンロード。

20180829_vo_001.jpg
攻撃者が用意していたファイル(画像:Volexity)

(Security NEXT - 2018/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
「Apache ActiveMQ」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性 - 悪用容易で攻撃ツールなど出回るおそれも
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も