Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」RCE脆弱性に悪用報告 - 早急に対処を

「Apache Struts 2」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-17530」が判明した問題で、同脆弱性に対する攻撃活動が報告されている。

問題の脆弱性は、8月に判明した「CVE-2019-0230」と類似した脆弱性。ユーザーが入力したタグ属性に対してOGNLによる評価を強制した場合、二重評価によって評価が書き換えられ、コードを実行されるおそれがある。

調整を経て、12月6日に公開された「同2.5.26」で修正された。脆弱性を報告した研究者のひとりが、12月11日に詳細を公開している。

JPCERTコーディネーションセンターは、同脆弱性について悪用した攻撃活動を観測したとする情報を得ていると説明。早急にバージョンアップを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性