Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性 - 悪用容易で攻撃ツールなど出回るおそれも

ウェブアプリケーションフレームワークの「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。過去に類似した脆弱性が公表された際、わずか1日で悪用コードが流通したとして、注意が呼びかけられている。

ユーザーによる入力値の検証が不十分で、「XML」の名前空間や「URLタグ」の処理などにおいて、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-11776」が明らかとなったもの。

細工した「HTTPリクエスト」によって脆弱性を悪用することが可能とされており、システムの制御を奪われるおそれがあるという。

「同2.3.x」および「同2.5.x」のほか、旧バージョンも影響を受ける。脆弱性の重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

20180822_as_001.jpg
今回明らかとなった「CVE-2018-11776」の概要

(Security NEXT - 2018/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CiscoやOracle、「Struts 2」脆弱性の影響受ける製品をアナウンス
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Struts 2」脆弱性を狙う攻撃キャンペーン「Bleeding Thunder」 - 国内企業のサイト含む標的リストも
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
「Apache ActiveMQ」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も