Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Juniper製SIEMに複数の脆弱性 - 重要度「クリティカル」

Juniper Networksが提供するSIEM製品「Juniper Secure Analytics(JSA)」に複数の脆弱性が明らかとなった。同社は重要度を「クリティカル(Critical)」とし、利用者に注意を呼びかけている。

同社は現地時間2023年12月28日にセキュリティアドバイザリをリリースし、仮想アプライアンス版において脆弱性18件の影響を受けることを明らかにした。

いずれも依存関係にあるサードパーティ製ソフトウェアに起因する脆弱性。同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」と評価している。

18件においてCVSS基本値が高い脆弱性を見ると、「Apache ActiveMQ」において「OpenWire」の処理に判明した「CVE-2023-46604」が「9.8」。

また「SpringBlade 3.6.0」に明らかとなった「CVE-2023-40787」についても、CVSS基本値が同じく「9.8」と評価されている。

(Security NEXT - 2024/01/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意