Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」に脆弱性 - 悪用観測ある既知脆弱性の対処不十分で

「Apache Struts 2」にあらたな脆弱性が明らかとなった。2020年に実施された脆弱性の修正が不十分だったという。

「同2.5.29」および以前のバージョンに、強制的なOGNL評価を行うとタグの二重評価が生じる脆弱性「CVE-2021-31805」が明らかとなったもの。

悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあり、重要度は「重要(Important)」とレーティングされている。

開発チームでは、2020年12月にリリースした「同2.5.26」にて、脆弱性「CVE-2020-17530」に対応したが、修正が不十分だったという。

「CVE-2020-17530」は、同年8月に公表された「CVE-2019-0230」と類似した脆弱性とされており、発見者のひとりが詳細を公表。その後攻撃活動も観測されている。

開発チームでは、「CVE-2021-31805」に対処した「同2.5.30」をリリース。脆弱性の判明を受けてJPCERTコーディネーションセンターなども注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サービス終えた「ログ解析サービス」のドメインを第三者が取得 - タグの除去徹底を
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に