Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校生の約9割、SNSへの個人情報掲載が危険と認知

高校生の89.3%は、SNS上に自身の個人情報を掲載することを「リスクのある行為」と認識していることがわかった。学校がSNSに関する校則を定めているケースもあるという。

MMD研究所とマカフィーが共同で、8月26日から31日にかけて、スマートフォンを利用する高校生を対象に利用実態についてインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。高校生921人が回答した。

携帯電話端末の所有率は96.8%。スマートフォンに関しては93%が所有しており、2014年の調査から13.5ポイント増加した。SNSの利用について、高校生の89.3%は、SNS上に自身の個人情報を掲載することを「リスクのある行為」と認識している。

SNS利用者におけるSNSの公開設定の状況をみると、41.5%が友人や知り合いのみに限定。一方で38.2%は誰でも閲覧できる公開設定としていた。また17.7%は、知り合い以外にも許可した人へ情報を公開している。

SNSや掲示板の利用経験者に個人情報を投稿した経験があるか聞いたところ、「自分の写真や動画(59.3%)」「友だちや恋人の写真や動画(41.1%)」「通っている学校名(35.3%)」「自分の本名(33.2%)」など、個人情報を投稿した経験を持っていた。ただし、これらが友人や知人などに対する限定的な公開であるか、制限なしに公開されていたかは、調査では触れていない。

20161004_mm_001.jpg
書き込み経験と内容(グラフ:MMD研、マカフィー)

(Security NEXT - 2016/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務省、2019年版「情報通信白書」を発行 - 電子書籍やアプリでも
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
「辻井重男セキュリティ論文賞」を発表 - 大賞など7件を選定
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず