Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア含む無料「KIS 2011」を確認、偽サイトに注意を - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、1月に同社が検知したマルウェアの観測状況を取りまとめた。

同社がまとめたインターネット上のマルウェアランキングによると、上位2位に変化はなく、トップは繰り返し広告を表示させる「AdWare.Win32.HotBar.dh」。2位にJavaの基本機能を悪用する「Trojan-Downloader.Java.OpenConnection.cf」が続いた。

3位には、Windowsのヘルプとサポートセンターの脆弱性を攻撃する「Exploit.HTML.CVE-2010-1885.aa」が新規ランクインしている。またアドウェアの活動が活発で、「AdWare.Win32.FunWeb.gq(4位)」、「AdWare.Win32.WhiteSmoke.a(12位)」などあらたにランクインしている。

一方、ユーザーPC上で検知されたマルウェアランキングでは、上位に大きな変動はなく、1位は前月と変わらず「Net-Worm.Win32.Kido.ir」だった。

(Security NEXT - 2011/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」