Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施

「サイバーセキュリティ」の認知度は5割弱にとどまり、3割はプライベートで利用する端末のセキュリティ対策を実施していないとする調査結果を三井住友海上火災保険が取りまとめた。

同調査は、同社が6月3日から4日にかけて、インターネットでアンケート調査を実施したもので、20代から60代の男女1000人が回答した。

「サイバーセキュリティ」という言葉の認知度は46.7%。30代は36.6%、20代では32.7%と若い世代ほど低い傾向が見られた。

トラブルの認知度では、「メールやウェブ閲覧によるウイルス感染」が54.8%でもっとも多く、「ネット上のサービスへの不正ログイン」「スマホ決済やクレジットカード情報の不正利用」がともに53.8%と僅差で続いた。

「フィッシングによる個人情報の詐取」は50.5%、「ネットバンキングサービスの個人情報窃取」は44.5%、「不正アプリによるスマホ利用者への被害」は43.4%だった。

(Security NEXT - 2022/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用