Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施

「サイバーセキュリティ」の認知度は5割弱にとどまり、3割はプライベートで利用する端末のセキュリティ対策を実施していないとする調査結果を三井住友海上火災保険が取りまとめた。

同調査は、同社が6月3日から4日にかけて、インターネットでアンケート調査を実施したもので、20代から60代の男女1000人が回答した。

「サイバーセキュリティ」という言葉の認知度は46.7%。30代は36.6%、20代では32.7%と若い世代ほど低い傾向が見られた。

トラブルの認知度では、「メールやウェブ閲覧によるウイルス感染」が54.8%でもっとも多く、「ネット上のサービスへの不正ログイン」「スマホ決済やクレジットカード情報の不正利用」がともに53.8%と僅差で続いた。

「フィッシングによる個人情報の詐取」は50.5%、「ネットバンキングサービスの個人情報窃取」は44.5%、「不正アプリによるスマホ利用者への被害」は43.4%だった。

(Security NEXT - 2022/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC