Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩時の謝罪対応、約3割がマニュアル化

ティーガイアの子会社でギフトカード事業などを展開するクオカードは、企業における個人情報漏洩について意識調査を実施し、結果を取りまとめた。

同調査は、個人情報を管理する20代から60代の企業担当者200人と、個人情報を漏洩された経験がある20代から60代の消費者200人を対象にインターネットでアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。

企業担当者の15.0%が自身が勤める組織において顧客情報の漏洩経験があると回答した。理由を尋ねたところ、「関係者事務処理、作業ミス(66.7%)」が最多。「メールやファックス、郵便物などの誤送付(46.7%)」「個人情報の紛失(33.3%)」と続く。

個人情報漏洩対策について「十分だと思う」との回答は28%にとどまる。のこる72%については何らかの不安を抱えていた。

具体的には「個人情報の管理状況をチェックする体制、しくみが整備されていない(44.0%)」「情報セキュリティシステムが脆弱(39.5%)」「個人情報を管理する人員が不足している(30.5%)」「個人情報漏洩対策の教育、啓蒙が不足している(24.5%)」といった声が聞かれた。

(Security NEXT - 2023/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応