Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「デマ」や「標的型攻撃」が発生 - サイバー犯罪者に狙われるワールドカップ

世界最大のスポーツイベントとも言われるFIFAワールドカップだが、セキュリティベンダーの多くが同大会に便乗するサイバー犯罪へ警戒しており、すでに発生した攻撃も含め、アラートを発している。

メッセージラボジャパンでは、無料のウェブメールから発信された標的型を確認している。米国の製造業を狙ったと見られる標的型攻撃で、ワールドカップの米国戦に関するスケジュール表などと説明して、添付したzipファイル内のExcelファイルを開かせる手法だった。

誤ってユーザーがファイルを開くと、直後にファイルが開いたり閉じたりして、最終的にスケジュール表が表示されるが、この一連の動作によってユーザー環境へバックドアとして動作する実行ファイルがインストールされる。

またワールドカップのスケジュール表としてウイルスが送りつる攻撃では、政府関連組織や慈善団体なども標的になっていた。

(Security NEXT - 2010/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず