Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉大が迷惑メールの踏み台に - ホスティング事業者の通知で発覚

千葉大学は、環境健康フィールド科学センターのウェブサーバが、迷惑メールを送信するための踏み台として悪用されたことを明らかにした。

同大によれば、ウェブサイトのコンテンツ領域に保存されていたサイト更新用ソフトウェアのスクリプトファイルを悪用され、意図に反したスパムメールを大量に送信されたという。

6月11日にホスティングサービス事業者より、同サーバから約6万件の迷惑メールが配信され、緊急措置としてアクセス制限を行ったとの連絡を受け、問題が発覚した。

個人情報の流出については否定。サーバ内のファイルを調査、復旧を行い、安全を確認次第、同サイトを再開するとしている。

(Security NEXT - 2024/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を