Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増

Kasperskyは、2023年に同社が検知、遮断した不正サイトに対するアクセスの状況を取りまとめた。前年から4割近い増加が見られたという。

同社によれば、フィッシング対策システムを通じて1年間に不正なウェブコンテンツに対するアクセス7億959万件をブロックしたという。前年の5億785万件から4割近い増加が見られた。

ブロックの対象となった偽サイトの種類を見ると、「グローバルなインターネットポータル」を装うケースが16.5%ともっとも多い。「小規模なウェブサービス(14.7%)」「オンラインストア(12.2%)」「銀行(11.3%)」「宅配サービス(8.3%)」が続く。

悪意あるサイトでは、従来のサポート詐欺に見られる「偽警告」にとどまらず、偽のAIチャットボットなども利用し、正規のサポートサービスに見せかけて電話をかけさせようとしていた。またMacユーザーを狙ったサポート詐欺も確認されているとして注意を呼びかけている。

一方、メールトラフィックの分析状況を見ると、スパムメールが占める割合は45.6%だった。前年の48.6%から3ポイント減少している。

スパムメールの発信元を国別に見ると、「ロシア」が31.5%で最多。「米国」が11.3%、「中国」が11.0%で続いている。「日本」は3.6%で、前年の3.3%から微増した。

(Security NEXT - 2024/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正