Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コールセンター顧客情報約900万件を不正持出、名簿業者に一部流通 - NTT西子会社

NTTビジネスソリューションズは、本誌取材に対して警察が捜査中であることを理由に、外部流出が確認された具体的な利用組織数や顧客件数についてはコメントを避けたが、すでに一部個人情報が名簿業者に流通していることを明らかにした。

データの持ち出しに至った原因については、サーバより保守作業用の端末にデータをダウンロードでき、さらに外部記録メディアを接続して持ち出すことが可能だったと説明。不正と見られる振る舞いを検知できておらず、ログなどの定期的なチェックも不十分だった。

今回の問題を受けてNTTビジネスソリューションズでは、業務用端末にデータをダウンロードしたり、外部記録メディアが接続できないよう暫定的な緊急対策を実施。ログチェックを強化するとともに振る舞い検知なども導入した。今後抜本的な対応を検討していくという。

引き続き警察の捜査へ協力するとともに、個人情報保護委員会に対する報告については利用組織がそれぞれ対応する必要があり、連携を進めている。

(Security NEXT - 2023/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用