Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コールセンター顧客情報約900万件を不正持出、名簿業者に一部流通 - NTT西子会社

NTT西日本の子会社であるNTTビジネスソリューションズは、同社がシステムの運用、保守を行っているコールセンターシステムで扱っていた個人情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によれば、派遣会社より派遣されていた元従業員が、2013年7月から2023年1月にかけて同システムよりデータを抜き出し、外部に持ち出していたことが判明したもの。

同システムを通じてNTTマーケティングアクトProCXではテレマーケティングサービスを提供しており、同従業員は、同システムから同サービスを利用する59組織の顧客情報約900万件をダウンロードしていた。氏名や住所、電話番号のほか、クレジットカード情報81件が含まれる。

2022年4月に同サービスの利用組織より顧客情報が流出している可能性があるとの指摘を受け、調査を行うも事態の把握に至らず、2023年7月に警察の捜査が入り、あらためて調査を行ったところ持ち出しが発覚した。

問題の従業員は最初の調査が入った2022年4月以降も運用保守を担当。2023年1月ごろまで業務用端末から顧客データが保管されているサーバにアクセスし、データを持ち出していた。同業務には警察の捜査が入り、派遣契約が解除となった7月まで従事していたという。

(Security NEXT - 2023/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市