Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge」にアップデート - 「クリティカル」とされる脆弱性を解消

マイクロソフトは、「Chromium」のアップデートを受けて「Microsoft Edge」の最新版をリリースした。

「Chromium 113.0.5672.127」「同113.0.5672.126」および「同112.0.5615.204」がリリースされたことを受け、現地時間5月18日に「MS Edge 113.0.1774.50」「MS Edge 112.0.1722.84」をリリースしたもの。

「Chromium」の更新では6件の脆弱性が修正されており、これらを反映したものとなる。脆弱性に関する追加の独自修正などは行われていない。

解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2023-2721」に関しては、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-2721
CVE-2023-2722
CVE-2023-2723
CVE-2023-2724
CVE-2023-2725
CVE-2023-2726

(Security NEXT - 2023/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所