Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月公表の「FortiOS」脆弱性、判明のきっかけはゼロデイ攻撃

Fortinet製品が搭載する「FortiOS」の脆弱性「CVE-2022-41328」が、ゼロデイ攻撃に利用されていたことがわかった。複雑なエクスプロイトを用いており、政府関連や大規模組織をターゲットに攻撃を展開している可能性がある。

「CVE-2022-41328」は、「FortiOS」に明らかとなったパストラバーサルの脆弱性。現地時間3月7日にセキュリティアドバイザリが公開されているが、ゼロデイ攻撃をきっかけに脆弱性を把握し、対応したものであることがわかった。

コマンドラインインタフェースより細工したコマンドを使用することで、基盤となるLinuxシステムにおいてファイルの読み書きが可能となり、悪用されるとコマンドやコードを実行されるおそれがある。同社は脆弱性の悪用に権限が必要であるとし、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「6.7」、重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

Fortinetによると、複数の「FortiGate」において保護システムであるファームウェアの整合性テストに失敗し、起動エラーが生じて機器が停止したケースがあり、調査を行ったところ判明したという。

ファームウェアイメージにおいてパストラバーサルの脆弱性が悪用された形跡が見つかり、本来存在しないファイルが追加され、永続的なアクセスを獲得しようとしていた。複数の「FortiGate」が同様の方法で同時に停止しており、「FortiManager」経由でパストラバーサルの脆弱性を悪用し、侵害したものと見られる。

(Security NEXT - 2023/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開