Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、2022年におけるサイバー攻撃の観測動向を取りまとめた。グローバルでは38%、日本では29%増加したという。

同社クラウド基盤において収集したデータを分析し、2022年におけるサイバー攻撃の状況を取りまとめたもの。

2022年に組織が受けたサイバー攻撃の件数は、2021年と比較してグローバルでは38%増。日本では週あたり970件の攻撃が観測されており、29%の増加となった。

地域としては、組織あたり週平均1875件の攻撃を受けたアフリカ地域が最多。次にアジア太平洋地域が多く、平均1691件で前年から22%増加している。

増加率をみると、北米で52%増、南米が29%増、ヨーロッパが26%増で続いている。国別では、イギリスが77%増、米国が57%増、シンガポールが26%増となった。

(Security NEXT - 2023/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入