Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は現地時間9月8日、「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に12件の脆弱性を追加した。

CISAでは悪用が確認された脆弱性についてリスト化し、米連邦政府や行政機関に対して早急に対策を講じるよう求めているが、積極的に悪用が確認されているとの裏付けがある12件の脆弱性をあらたに追加した。

このうち、2022年以降に明らかとなった脆弱性は4件。具体的には、ゼロデイ攻撃が報告されている「Chromium」の脆弱性「CVE-2022-3075」や、QNAP Systemsの「Photo Station」の「CVE-2022-27593」を追加。

D-Link製のルータ「DIR-820L」「DIR-816L」に明らかとなった「CVE-2022-26258」「CVE-2022-28958」なども対象となっている。

のこる8件については2020年以前の脆弱性。macOSやiOSなどのApple製品に明らかとなった「CVE-2020-9934」のほか、Oracleの「WebLogic Server」の「CVE-2018-2628」、Fortinetの「FortiOS」「FortiADC」に判明した「CVE-2018-13374」なども含まれる。

またD-LinkやNETGEAR、MikroTikなどネットワーク機器に関する2018年以前の脆弱性も攻撃の対象となっている。今回追加された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-3075:Chromium(Google)
CVE-2022-28958:DIR-816L(D-Link)
CVE-2022-27593:Photo Station(QNAP Systems)
CVE-2022-26258:DIR-820L(D-Link)
CVE-2020-9934:macOS、iOS、iPadOS(Apple)
CVE-2018-7445:RouterOS(MikroTik)
CVE-2018-6530:複数ルータ製品(D-Link)
CVE-2018-2628:WebLogic Server(Oracle)
CVE-2018-13374:FortiOS、FortiADC(Fortinet)
CVE-2017-5521:複数デバイス(NETGEAR)
CVE-2011-4723:DIR-300(D-Link)
CVE-2011-1823:Android OS(Android)

(Security NEXT - 2022/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート