Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」にゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 「MS Edge」にも新版

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに同社ブラウザの最新版となる「Chrome 105.0.5195.102」を現地時間9月2日にリリースした。

今回のアップデートは、プロセス間で通信を行うためのライブラリである「Mojo」にデータ検証不備の脆弱性「CVE-2022-3075」が判明し、対処したもの。

同社では脆弱性の重要度を4段階中、2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。匿名で報告を受けたもので、すでに同脆弱性の悪用が確認されているという。

Googleでは、現地時間8月30日にメジャーアップデートとして「同105.0.5195.54」「同105.0.5195.53」「同105.0.5195.52」をリリースして日が浅いが、今回異なる脆弱性へ対処したものであり注意が必要。

マイクロソフトでは、「Chromium 105.0.5195.54」「同105.0.5195.53」「同105.0.5195.52」をベースとし、独自に脆弱性「CVE-2022-38012」を修正した「Microsoft Edge 105.0.1343.25」を9月1日にリリースしたばかりだが、翌2日に急遽アップデートを公開。

「Chromium 105.0.5195.102」をベースとした「Microsoft Edge 105.0.1343.27」にて脆弱性「CVE-2022-3075」を解消している。

(Security NEXT - 2022/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Samsung製スマホなどの既知脆弱性が攻撃の標的に - 米政府が注意喚起
複数Apple製品が影響を受ける脆弱性 - 米政府が注意喚起
柏崎刈羽原発の火災防護関連資料を紛失 - 東電
DMハガキ宛先にクレカ番号を誤印字 - 三井住友カード
Google、長期間放置アカウントを削除へ - 悪用防止対策で
米政府、ランサムウェア対応ガイドの改訂版を公開
介護保険事業者の届出書類一式が所在不明に - 新潟県
資料共有のメール送信先を誤りメアド流出 - 和歌山県
個人情報含む労働力調査の調査関係書類を紛失 - 東京都
上下水道関連システムがマルウェア感染、インフラへの影響なし - 大槌町