Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」にゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 「MS Edge」にも新版

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに同社ブラウザの最新版となる「Chrome 105.0.5195.102」を現地時間9月2日にリリースした。

今回のアップデートは、プロセス間で通信を行うためのライブラリである「Mojo」にデータ検証不備の脆弱性「CVE-2022-3075」が判明し、対処したもの。

同社では脆弱性の重要度を4段階中、2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。匿名で報告を受けたもので、すでに同脆弱性の悪用が確認されているという。

Googleでは、現地時間8月30日にメジャーアップデートとして「同105.0.5195.54」「同105.0.5195.53」「同105.0.5195.52」をリリースして日が浅いが、今回異なる脆弱性へ対処したものであり注意が必要。

マイクロソフトでは、「Chromium 105.0.5195.54」「同105.0.5195.53」「同105.0.5195.52」をベースとし、独自に脆弱性「CVE-2022-38012」を修正した「Microsoft Edge 105.0.1343.25」を9月1日にリリースしたばかりだが、翌2日に急遽アップデートを公開。

「Chromium 105.0.5195.102」をベースとした「Microsoft Edge 105.0.1343.27」にて脆弱性「CVE-2022-3075」を解消している。

(Security NEXT - 2022/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JAPANSecuritySummit 2022」、10月24日よりオンデマンドで開催
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず