Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応

マイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。ゼロデイ脆弱性を含め、あわせて60件の脆弱性に対処した。

今回のアップデートは、「Windows」や「Office」「Windows Codecs Library」「Windows DNS」「Azure」「Azure Sphere」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性に対処したもの。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は、「Windowsスクリプトエンジン」におけるメモリ破損の脆弱性「CVE-2021-26435」をはじめ、「CVE-2021-36865」「CVE-2021-38647」の3件。次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性57件のあわせて60件に対応した。

くわえてオープンソースにおける修正ためレーティングは行われていないが、「Chronium」のゼロデイ脆弱性「CVE-2021-30632」を「Microsoft Edge」にて同日解消している。

脆弱性によって影響は異なるが、16件は悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。さらに権限昇格の脆弱性25件や情報漏洩の脆弱性10件のほか、なりすましの脆弱性6件、セキュリティ機能のバイパス2件、サービス拒否の脆弱性1件を修正した。

(Security NEXT - 2021/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正