Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応

マイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。ゼロデイ脆弱性を含め、あわせて60件の脆弱性に対処した。

今回のアップデートは、「Windows」や「Office」「Windows Codecs Library」「Windows DNS」「Azure」「Azure Sphere」「Visual Studio」などに明らかとなった脆弱性に対処したもの。

重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は、「Windowsスクリプトエンジン」におけるメモリ破損の脆弱性「CVE-2021-26435」をはじめ、「CVE-2021-36865」「CVE-2021-38647」の3件。次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性57件のあわせて60件に対応した。

くわえてオープンソースにおける修正ためレーティングは行われていないが、「Chronium」のゼロデイ脆弱性「CVE-2021-30632」を「Microsoft Edge」にて同日解消している。

脆弱性によって影響は異なるが、16件は悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあるという。さらに権限昇格の脆弱性25件や情報漏洩の脆弱性10件のほか、なりすましの脆弱性6件、セキュリティ機能のバイパス2件、サービス拒否の脆弱性1件を修正した。

(Security NEXT - 2021/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース