Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に

2021年にJPCERTコーディネーションセンターが報告を受けたフィッシングサイトの件数は、後半に向けて増加傾向が見られた。特に「通信事業者」を装うケースの割合が大きく上昇している。

JPCERTコーディネーションセンターが、2021年に報告が寄せられた「フィッシングサイト」の状況について分析したもの。

実在するブランドを装い、認証情報などを詐取する「フィッシングサイト」の報告件数は、年間を通じて2万3104件の報告があった。前半が2000件未満だったのに対し、8月以降は2000件超で推移している。

業種を見ると年間を通じて「金融機関」を装ったケースが31%ともっとも多く、「通信事業者」が27%と2番目に多かった。

一方、月ごとに見ると「通信事業者」に関する報告の割合が、同年後半にかけて上昇している。5月まで多くても1割程度だったが、6月に急増。6月、11月、12月は報告全体の6割ほどを占めた。他月も3割弱から5割弱と高い割合で推移している。

「金融機関」は、同年前半に割合が高く、4割強を占めた月もあったが、後半に向けて縮小し、特に11月、12月は2割を切っていた。

(Security NEXT - 2022/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減