Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層の発想力や研究開発力を育成する「SecHack365」が受講生募集を開始

情報通信研究機構(NICT)は、1年間のハッカソンを通じて研究開発能力を育む若年層を対象とした育成プログラム「SecHack365」の受講生を募集開始した。

同プログラムは、技術者や研究者など国内におけるセキュリティ産業の創出につながる人材の育成を目指したプログラム。2017年度より実施しており、今回2022年度の受講生について募集を開始した。

長期ハッカソンでは、大学や企業など幅広い分野で活躍する研究者や技術者がトレーナーとして参加。コミュニケーションや発表会など、作品づくりを通じて技術的観点はもちろん、技術開発や産業創出に必要となる発想力を身につけられるよう支援する。

対象は、日本国内に居住する25歳以下の学生や社会人。募集人員は、40名程度。受講費用や指導費用は無料で学生や収入がない場合は実費なども補助する。募集締切は5月10日。募集要項など詳細は同イベントのウェブサイトから。

過去に実施された「SecHack365」成果発表会の様子はこちらから。

(Security NEXT - 2022/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
GSXがマザーズ上場 - 公募価格大きく上回る高値つけるも後場ストップ安に
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA