Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入

2021年に警察庁が報告を受けた企業や組織におけるランサムウェアの被害は146件だった。二重恐喝が8割を超えている。VPN機器やリモートデスクトップがおもな感染源となっていた。

20220411_np_003.jpg
ランサムウェアの報告推移(グラフ:警察庁)

同庁によれば、2021年に都道府県警察から警察庁に報告があった企業や団体におけるランサムウェアの被害は146件。

2020年下半期は21件だったが、2021年上半期に約2.9倍となる61件と急増。同年下半期はさらに上半期を上回る85件の報告が寄せられた。

146件のうち、54.1%が中小企業による被害で、「大企業(33.6%)」「団体(12.3%)」と続く。

報告を受けた被害のうち、金銭の要求手口を確認できたケースは97件。このうち84.5%にあたる82件は復号化にくわえて、窃取した情報を公開するなどと脅すいわゆる「二重恐喝」の手口だった。

また45件では直接金銭の要求が行われ、このうち91.1%では暗号資産(仮想通貨)による支払いを求めていた。のこる8.9%に関しては支払いに米ドルを指定していたいう。

(Security NEXT - 2022/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査