Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政サービスの共通認証「GビズID」が停止 - 「Spring4Shell」影響で

デジタル庁は、行政サービスの共通認証サービス「GビズID」で利用するソフトウェアに脆弱性が見つかったとしてサービスの提供を一時停止した。

Javaフレームワーク「Spring Framework」のコアモジュールに脆弱性「Spring4Shell」が指摘されていることを受け、サービスの提供を一時停止し、メインテナンスを実施しているもの。

同脆弱性については実証コードが一時公開されており、特定アプリケーションの一部機能が影響受けると見られるが、脆弱性の詳細は明らかになっておらず、CVE番号なども採番されていない。

「GビズID」では、同脆弱性への対応が完了次第、サービスを再開するとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2022/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市