Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減

「宅配事業者による不在通知を装ったSMS」に関する相談は67件。前四半期の345件から5分の1以下へと大幅に減少した。

第三者が「iPhone」のカレンダー機能を悪用してイベントを追加し、マルウェアに感染したなどと通知を表示する「不審なカレンダー通知」に関する相談も前四半期の109件から21件へと縮小している。

外部流出した「ID」や「パスワード」などを用いて第三者が本人になりすまし、「SNS」や「オンラインショッピングサイト」「クラウドサービス」などへアクセスする「不正ログイン」に関する相談についても、前四半期の55件から16件へと減少が見られた。

「ワンクリック請求」に関する相談も前四半期の30件を下回る21件。Facebookのメッセンジャーに動画を装ったメッセージを送りつけてアカウント情報を詐取する偽ページに誘導する行為の相談は1件だった。前年同期は125件の相談が寄せられたが、2021年第1四半期以降、ひと桁台で推移している。

20211020_ip_002.jpg
「偽警告」「偽SMS」「暗号資産詐欺メール」など各ジャンルも減少が見られた(同機構発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて