Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減

情報処理推進機構(IPA)では、セキュリティに関する相談窓口を設置しているが、2021年第3四半期に寄せられた相談が前四半期から4割以上減少した。直近5年間においてもっとも少ない件数となっている。

同四半期に同機構が対応したセキュリティに関する相談は、1021件。1827件だった前四半期から44.6%減と大きく縮小した。過去5年間にもっとも相談が多かった前年同期の3245件と比較すると3分の1以下の水準となっている。

同機構では、「宅配事業者を装うショートメッセージサービス」「不正ログイン」など複数の項目についても相談動向をまとめているが、いずれも目立った減少が見られた。

実際はマルウェアに感染していないにも関わらず、「偽アラート」で不安を煽って製品の購入などを迫る「マルウェア検出の偽警告」に関する相談は192件。前四半期の232件から17.2%減となった。2020年第3四半期の677件をピークに減少傾向が続いている。

性的な動画を閲覧している映像を入手したなどとだまして金銭を要求するセクストーションまがいのメールなど、暗号資産(仮想通貨)をだまし取る詐欺メールに関する相談は98件。前四半期の154件から36.4%減となった。

20211020_ip_001.jpg
「情報セキュリティ安心相談窓口」の相談件数推移。(自動応答システムによる対応は含まれない。同機構発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン