Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、ゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」の修正パッチを定例外で公開

「Windows印刷スプーラーサービス」にゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」が明らかとなった問題で、マイクロソフトは定例外でセキュリティアップデートをリリースした。

問題の脆弱性「CVE-2021-34527」は、「Windows印刷スプーラーサービス」の一部関数に明らかとなった脆弱性。リモートからSYSTEM権限で任意のコードを実行されるおそれがある。

すでに脆弱性の詳細や実証コードが公開済みで、ドメインコントローラーの設定状況によってはドメインの参加端末より攻撃を受け、ドメインの管理者権限を奪われるなど、大きな影響を及ぼすおそれがあり、セキュリティ機関なども注意を呼びかけてきた

マイクロソフトでは、同脆弱性の調査を進めていたが、米時間7月6日に定例外でアップデートをリリース。重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とし、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「8.8」とレーティングされている。

「Windows 10 Version 1607」「Windows Server 2016」「同2012」に関しては、更新プログラムについては提供に至っておらず、まもなくリリースする予定だという。

(Security NEXT - 2021/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み