Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、ゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」に注意喚起 - 詳細解説や実証コードが流通

「Windows印刷スプーラーサービス」にゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」が明らかとなった問題で、JPCERTコーディネーションセンターが注意喚起を行った。

問題の「CVE-2021-34527」は、「Windows印刷スプーラーサービス」の一部関数に起因する脆弱性。アクセス権限を持つユーザーによって、リモートよりSYSTEM権限でコードを実行されるおそれがある。

当初6月の月例セキュリティ更新で修正された「CVE-2021-1675」に関する脆弱性とされ、セキュリティ研究者から実証コードが公開されたが、同パッチで脆弱性の悪用を防ぐことはできず、ゼロデイ脆弱性のエクスプロイトが拡大する事態となっている。マイクロソフトでは、「CVE-2021-1675」とは類似するものの、異なる脆弱性であるとし、あらたに「CVE-2021-34527」を割り当てるとともにアドバイザリを公開した。

JPCERTコーディネーションセンターは、同脆弱性について詳細な解説や実証コードの公開が確認されているとあらためて報告。組織内部のネットワークに侵入した攻撃者が、ドメインユーザーの権限を取得してドメインコントローラーを侵害することで、ドメイン管理者権限が奪われ、大きな影響を及ぼすおそれがあると危険性を指摘した。

マイクロソフトでは、セキュリティ更新プログラムの準備を進めるとともに回避策や緩和策をアナウンスしており、同センターでは、同社の情報を参照した上で対策を講じ、セキュリティ更新プログラムが公開され次第、適用するよう広く呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正